読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間

最近、「世間(せけん)」という存在が、気になっているんです

 

「世間が許さない」とか「世間知らず」とか

 

おそらく「社会」みたいなものと、近いのだと思うのですが、この「世間」というのが、結構、恐いっていうのがある。

 

恐い


「世間の常識」とか、超恐い です


例えば僕はヒゲを生やしているのですが、会社員だったころは良く「サラリーマンはヒゲをそれ」と言われました。

 

それが世間の常識だからですね。

 

サラリーマンなのにヒゲを生やしたいなんて、世間知らずと言われちゃう。

 

今でもあると思うんです。先輩から、こういう事を言われる会社、けっこうあるんじゃないですか?

 

  「社会人ならヒゲをソレ」

  「ピアスするな」

  「髪を染めるな」

 

理由は「それが世間の常識だから」


まあ、「常識」などの概念を、いかに自分の人生に取り込むか、あるいは社風に取り込むかは、人それぞれ、会社それぞれですので、

 

私は「ヒゲ、ピアス、髪染めなど」を批判する人を批判したいわけじゃなくて

 

ここで言いたいのは、「世間」ってヤツに、我々翻弄されちゃう事があるんじゃないかな?それって恐いな、って話なんです

 

どういう話かと言うと


 例えば後輩が、髪の毛を染めて会社に来た

 Aさんはそれが不愉快でたまらない


と、した時に


Aさんは「後輩が髪を染めたこと」とか「髪の色」が、気に入らないから、不愉快になったのでは、なくて

 

Aさんは「後輩が世間の常識に反する事をしたこと」が、不愉快だ

 

と、いう事なんです。これが、恐い。


これ、なんなんでしょうね?


例えば僕は、刺青(いれずみ)をしている人を、なんとも思わないんですけれども、

 

でも「世間」では刺青は、あまり良い印象を与えない、良い物ではないものと定義されているから、

 

ぼくもうっかりすると、「刺青を入れるのは良くない!」って、思ってしまう。

 

「世間の常識を逸脱した行為をすると、不利益を蒙る場合が多いから、その不利益に
対して不快感が生じる」とか、そうじゃないんですよ

 

生理的に、直感的に、不快感が生じるときがある

 

それがとても恐いです

 


電車の中で、大声で騒いでいる、学生などが居たとします

 

その時私は、たぶん不快になるんですけれど

 

 >本当にそいつらがウルサイから、その騒音が許せないのか

 >電車の中に「世間の常識に倣っていないヤツがいる」事に許せないのか

 

ちょっとわかんない時が、ありますね


なんなんでしょうね? 恐くないですか? 私はすごく恐い

 


私たちソノリテは、B2B系の事業をしています。ですので、大企業の企業文化や社風に、よりそっています

 

そんな私たちですから、やはりお客様から

 

 ・男性の長髪、髪染め、ヒゲなど禁止


と、言われることは、多いです

 


・・・でもさあ

 

こんだけグローバルグローバル言っている時代にさあ、髪の毛金髪の日本人いたらダメなの?

 

ヒゲだってさ、国によって解釈が違うわけだしさ・・・


ようするに人を見た目で判断するなよ


って、思うんですね


思うんでね


思うんで、お客様にも、言うんです


「どうして長髪、髪染め、ヒゲ禁止なんですか?」


最初お客さんは怒ります


「そんなの非常識だ!俺はそういうチャラチャラしてるのは嫌いだ!」


でも、よくよくお話をすると、

 

「いや、本当は俺自身はそんなに嫌いじゃないんだ。ただなあ・・・・」

 


ただ?

 

ただ、なんなんだ?

 

  な ん な ん だ ?


たぶんこれが「世間が許さない」ってヤツなんじゃないかな?

 

 

みんな、世間を気にして生きています。

 

それは、ぼくは良いんだと思います。


問題は「世間と自分の意見の境界線が曖昧になってはいませんか?」ってところなんですよね。


この話って恐くないですか?

 

最近気になっている、社内での1シーン


 主人公1:先輩上司。世間の常識を部下に叩き込みたい

 主人公2:後輩。上手く世間に合わせられない


この衝突。よく、やりあっています

 

衝突自体は良いんです。どんどんやってほしい。どんどんやっていく中で、双方に何かを掴んだり、何かが成長してくれれば、いい


ところが私、ちょっと気になっているのが、この二名の感情の交流が


 先輩<------>後輩

 

という、衝突になっていなくて

 

 先輩<--->世間の目<--->後輩


と、なっていないかな?ということ


これだともしかしたら、感情の交流にならず、ルールの押し付け合いにしかならないから、成長しないかも知れないなぁ・・・

 

恐い恐い


いろいろと、恐いです。