読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はだらしがない

私は、だらしがないんです。


約束を忘れる。メモを取らない。メモを取ったとしてもメモが見つからない。


机の上が汚い。汚い上に何がどこにあるか覚えていられない。たまに片付けでも、またすぐに汚くなってしまう。


何かを途中まで進めて、途中で飽きてしまう。買った本を読まない。読んでも途中で飽きてしまう。


物を駄目にしてしまう。物を丁寧に扱えない。借りた本を汚してしまう。

 

まあ、何しろいろいろ、ある。 私はだらしがない。

 

 

でも、だらしがない という性格にも、利点はあります。

 

 

だから私は、だらしがない性格のままで居ようと思っています。

 

 

先にも書きましたが、私はメモを取らないです。

 

人間の脳というものは、自分にとって大切な物事は、深層心理が分別して、必ず覚えているそうです。

逆に言えば自分にとって大切じゃないことは、メモをとらなければ覚えていられない。


だから私は、ほとんどメモをとらない・・・です。


でもだからといって、約束したことを、自分には「重要ではないから」といって忘れて良いワケはないですよね?


例えば誰かに「明日マンガを貸して」と言われて、「良いよ」と答えて、翌日になってすっかり忘れている。なんてことしょっちゅうで、かつ、それは例えば私にとって「その人にマンガを貸す事」が、あまり重要に思えていなかったから忘れているわけですが、でもそれで相手はガッカリするわけです。


普通そういう「だらしがない」人は、

 

   ダメ!

 

ですよね?


でも私は、だらしがない性格のままで居ようって思ってます


利点があるからです


例えば「だらしがなくない人」というのは、

 

 ・「マンガを貸してくれ」と言われたら、ちゃんと記憶したり、メモをとって、きっちり、貸す

 

でも、例えば

 

 ・「マンガを返してくれ」と言って、ちゃんと返してくれなかったら、ストレス


なんじゃないかな?


だから、「だらしがなくない人」にとって、「マンガを貸す」ということは、ある種のストレスをもったタスクなんじゃないかと思います。


ある種のストレスとは

 

 ・マンガをきちんと持って来よう

 ・マンガが返されなかったら嫌だなぁ


と、いう事ですが、他にも、もしかしたら

 

 ・そのマンガが傷んでいないか、先にチェックしておこうかな?

 ・カバーを汚されたら嫌だから、代わりのカバーを付けておこうかな?


とか、そういう、「気を使う」と、いうことがありますよね


「気を使う」というのは、とても良い事です。


でも「気を使う」というのは文字通り「気を使う」のですから、疲れます。


疲れる=というストレスなわけです。

 

でも、私のようなだらしのない人にとって「本を貸して」「いいよ」ってのは何のストレスでもありません。


翌日になって「あ、忘れた、ごめーーーん!」なんて言っていますが、それも口先で謝ってはいますが、また、すぐ忘れる。だから翌日も持ってこないwww


まあ酷い人間です


マンガを貸すくらいの話だと良いですが、さすがに仕事だとそうも言ってばっかり
いられないので


じゃあどうするかと言えば、


答えは簡単で、「そんな私をサポートしてくれる仲間」と、仕事をしたいわけですね。


 ・私はノーストレスで、いろいろな約束事などをする

 ・それを実行するのは、信頼のおける仲間たち


これが、いちばん良いわけです

 

なんだかご都合主義の、お気楽な人間のように思いますでしょうか?


私も、そう思いますwww

 

 

一応、言い訳をしますと

 


私は、会社の総責任者なんですね。

 

代表取締役で、社長なわけで、かつ、筆頭株主です。

 

ですから当社の行う事すべてに対して、私は、全ての責任を背負っています。


こればっかりは、誰にも背負わせることの出来ない、逃げ場のない、責任です。

 

責任だけではなく、会社が破産すれば私も破産します。一連托生です。

 

だから私は、「自分にとって、一番大切な事」に、集中する必要があるのですね?

 

 

だって 私=会社 ですから。

 


私のような「だらしがない」人間でも、「自分にとって大切な事」は深層心理がかならず覚えさせてくれています


というかむしろそれは、会社経営者にとって

 

  忘れられなくて寝られないくらいの大きなストレスです(苦笑)

 

そんな私は、代表であるがゆえに、「だらしがなく」生きたい。


「会社と一蓮托生である自分が、本当に大切だと思う事」に集中するために、多くの
タスクに対しては、だらしがなく接したい。

 

そしてそのタスク達については、仲間たちがキチンとサポートしてくれる、チームであり会社になっており、私はその仲間たちに感謝を惜しまない。

 

これが私の理想とする、私の「だらしない」経営なんです

 

 

追:

ソノリテとお取引をさせていただいている皆様、斯様なことで、私はだらしがない人間ですが、当社はしっかりした社員が揃っておりますので、どうか御贔屓に

 

 

追2:

そんなだらしのない私ですから、当blogにおける誤字脱字なども酷いもので、いつも醜聞ご迷惑をおかけしております